東京スカイツリー・郵政博物館

本日はあまり知られていない、東京スカイツリーの中にあるスカイブルーのポストをご紹介したいと思います。国内、エアメール問わずここから手紙を出すと、なんと可愛いスカイツリーの消印を押して出してもらえるのです。それでは、早速ご紹介したいと思います。

 

消印とは

その前に消印とはそもそもなんなのでしょうか?

 

手紙やはがきを出す際に切手の上に押されるあのスタンプの事です。通常は日付と管轄郵便局名が押印されるだけですが、今回ご紹介するスカイツリーの消印のように、観光地などで特定のポストや特定の郵便局で手紙を出すとオリジナルの消印を押してくれるケースがあります。

 

このオリジナル消印のことを「風景印」と呼び、手紙好きの人達には大人気なのです。

 

わかりにくい郵政博物館の場所

 

早速ソラマチの中にある郵政博物館を目指しますが、押上駅直結のエレベーターは何故か8階までしかありません。しかし、郵政博物館は9階。一度8階まで行きドームガーデン方面へ向かう途中に左手に8Fー11F用のエレベーターがあるのでそこで乗り換えが必要です。

 

ちょっとわかりにくい上に、人の気配もあまりありません。。。元気な方は、エレベーター前の階段を上りましょう(笑)

 

可愛いスカイブルーのポストを発見!

 

郵政博物館の前にスカイブルーのポストが置いてあります。郵政博物館への入場は有料ですが、ミュージアムショップとポストは入場不要なので無料で利用が可能です。

 

ただし、郵政博物館の営業終了と同時にシャッターが閉まってしまうそうなので気をつける必要があります。また、臨時休館などもまれにあるので、出したい日付が決まっている方などは、事前に確認をしておいた方が良いかと思います。(というのも、先日私が手紙を出そうと行ったら臨時休館で閉まっていたためです。)

 

 

季節によっては二つの風景印から選択も可能

 

郵政博物館では季節によって企画展などを行なっている場合があります。その際に、スカイツリーの風景印とは別にもう一つ、企画展に関連する風景印で出せるポストの設置がしてある場合があります。気になる方は合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

時間があればミュージアムショップも覗いてみては?

 

ポストに投函する際に時間があればお勧めしたいのが、郵政博物館の入り口にあるミュージアムショップ。規模は小ぶりですが、不要になった切手などレトロで可愛いものも販売しているので物色するのも楽しいかと。私が訪問した日にも、切手女子が一生懸命切手を物色していました。

 

メールやLINEが主流になり手紙を出す機会も減りましたが、たまには可愛いスカイツリーの風景印で気になるあの人にお便りを書いてみてはいかがでしょうか?

 

SPONSERED LINK

SPONSERED LINK

東京ソラマチお土産ランキング


HOME お土産ランキング スカイツリー混雑状況 すみだ水族館の魅力 おすすめ撮影スポット