東京スカイツリーの混雑予測2017《季節別》

東京スカイツリーの混雑予測2017《季節別》

春(3月~5月)

 

春万欄のこの時期になると隅田川沿いは桜のシーズンという事もあり、
東京の方や地方からの観光客はもちろんのこと、
外国人観光客も1年でピークを迎えるシーズンの1つとなります。

 

特に今年は東京スカイツリー開業5周年という節目の年である事も影響し、
例年に比べるとより観光客が増える可能性は否定できません。

 

東京スカイツリー及び東京ソラマチでも桜に関するグルメキャンペーンなどを行っていますが、
スカイツリー自体の混雑にはそれほど影響はないようです。
但し3月末~4月上旬までは大学生などが春休みという事もあり、
通常の土日よりもかなり混雑していると思われます。

 

過ごしやすい気候ということもあり、東京スカイツリーから徒歩圏内である墨田公園、
及び隅田川沿いでお花見を楽しむ人々がスカイツリーを一緒に楽しむという事も多くなってくるので、
春の中でも特に桜の開花シーズンの混雑は要注意です。

 

待ち時間は平日であれば殆ど待たずに入る事も出来ますが、
土日祝日は15分~数時間と天候にも左右され予想が難しいところです。

 

桜のシーズンと同様にゴールデンウィークも春の中では混雑がピークです。
5月は晴れの日が多いこともあり、天空からの眺望を期待して沢山の人が訪れ、
待ち時間も数時間は覚悟しておいた方がよいでしょう。
ゴールデンウィークは最悪、当日券だと展望デッキに上れない可能性も出てきますので、
待ちたくない&確実に上りたいという方は天候を気にせず、チケットの予約が一番ですね。

 

・今年は開業5周年なので例年よりも混雑する可能性があり
・桜のシーズンは外国人観光客の訪問も増える
・ゴールデンウィークでも確実に上りたければ、事前の予約が無難

 

夏(6月~8月)

 

6月は梅雨という事もあり天候が優れない日が多いことから、
大体いつ行っても東京スカイツリー&ソラマチはそれほど込んでいません。
土日でも当日券は最大でも待ち時間1時間未満で上れる事が多く、
1年の中で最も空いている時期と言えます。

 

7月後半及び8月は子供たちの夏休み期間となるため、
この期間の東京スカイツリーは土日も平日のあまり関係なく常に混雑しています。
特に注意したいのはお盆の時期。サラリーマン家庭はお休みのパパが多いので、
ゴールデンウィークと同様に1年で最も混雑する時期となります。

 

また、東京ソラマチにはそれほど子供向けの施設はないので、
子連れは東京スカイツリーに上る傾向が多い事もあげられます。
東京スカイツリー及びソラマチはベビー向けの設備が充実しているので、
幼児&乳児とパパママで上る家族も多く見かけますね。

 

・梅雨の時期は土日でも空いている事が多い
・子供夏休み(7月後半~8月)に入ると子連れで大混雑。待ち時間も土日は最低数時間以上を覚悟すべし。
・お盆期間はゴールデンウィーク並みの混雑

SPONSERED LINK

関連ページ

東京スカイツリーの混雑状況について
東京スカイツリーの混雑状況についての情報です
東京スカイツリーの混雑予測2015《季節別》
東京スカイツリーの混雑予測(2015年度)についての情報です

SPONSERED LINK

東京ソラマチお土産ランキング


HOME お土産ランキング スカイツリー混雑状況 すみだ水族館の魅力 おすすめ撮影スポット